ヘッダーイメージ

北の食べ物讃歌エッセー『忘れられない北のあの味』


満足に食べられなかった時代、家族で囲む昔ながらの食卓、地域独自の郷土料理。
いま、それらの光景は失われつつあります。
そんな食文化を少しでも後世に伝えたい。遺したい。
小田豊四郎記念基金はそう考え、全国の皆様から「北の味」を公募いたしました。

集まったエッセーは冊子にまとめ、北海道内の小中学校・図書館などに置かれています。飽食の現代に生きるこどもたちに、知っておいてほしいこと。便利さに慣れ、わたしたち消費者が忘れてしまった食の風景。もう一度思い出してみませんか。

冊子は六花文庫にてご覧頂けます。




「忘れられない北のあの味」


 「忘れられない北のあの味」は2004年から発行、現在第4集までが発行されています。

一般公募した「味」の他にも、特別寄稿をいただいております。
第2集、嵐山光三郎氏「アラマキ鮭の味」
第3集、壇太郎氏「北の大地の贈り物」
第4集、小林亜星氏「酪農王国のアイスクリーム」

現在、エッセーの募集はしておりません。



問合せ先

080-0012
北海道帯広市西2条南9丁目6 六花亭本店内

小田豊四郎記念基金事務局

TEL 0155-24-6655
FAX 0155-24-6656


メールする


このページのトップへ