平成29年1月号 (VOL684) 掲載口頭詩